海をテーマに、製造、建設、物流から研究、レジャーまでダイナミックで幅広い仕事を
紹介するセミナーです。海に関する様々な企業や団体が集まる「海洋都市横浜」で、
将来の仕事やキャリアについて考えてみませんか。

SEMINAR&TOUR
セミナー&現場見学会

名称 海に関わる仕事セミナー in 海洋都市横浜
日時 平成30年2月22日(木)10:30~16:30 (※現場見学会は2月27日(火))
申込み期限:平成30年2月20日(火)17:00まで
対象 就職希望の大学生・大学院生 定員:先着80名
内容 企業・団体紹介セミナー、個別相談会
【紹介企業・団体】
海洋研究開発機構、水産研究・教育機構、IHI、横浜港埠頭、東亜建設工業、横浜八景島、三菱重工業
(以上、計7企業・団体) 
場所 横浜市開港記念会館
●JR根岸線・地下鉄ブルーライン 関内駅下車徒歩10分
●みなとみらい線 日本大通り駅下車徒歩1分
現場見学会 現場見学会は希望制です。ご希望の方は、セミナー申込みフォームよりお申込み下さい。
※セミナーに出席する方のみ現場見学会に参加できます。


開催日時:平成30年2月27日(火)

<Aコース:2月27日(火)13:00~17:00 先着40名程度>
行程:13:00~14:30 見学@水産研究・教育機構
   14:30~15:30 移動
   15:30~17:00 見学@JAMSTEC横須賀研究所⇒終了後バスで「京急線 追浜駅」へ送迎し解散

集合時刻:13時
集合場所:水産研究・教育機構 中央水産研究所横浜庁舎 (Google Mapはこちら
     最寄:「シーサイドライン 市大医学部駅」 
終了時刻:17時頃
解散場所:「京急線 追浜駅」

<Bコース:2月27日(火)10:00~17:00(懇親会19:00まで) 先着40名程度>
※午前の部のみまたは1日コースからお選びください。
行程:10:00~13:45 【午前の部】港湾工事 現場見学 ⇒午前の部のみ参加者は横浜支店で解散
   13:45~17:00 【午後の部】技術研究開発センター見学 ⇒JR鶴見駅へ送迎・解散
   17:00~19:00 懇親会(希望者のみ)

集合時刻:10時
集合場所:東亜建設工業株式会社 横浜支店(横浜市中区太田町1-15 関内東亜ビル)(Google Mapはこちら
     最寄:「JR・横浜市営地下鉄 関内駅」または「みなとみらい線 日本大通り駅」
        ⇒午前の部のみの方は解散場所も同
終了時刻:17時(懇親会は17:00~19:00)
解散場所:「JR 鶴見駅」

※本セミナーへの参加の有無は、採用試験の合否には一切関係ありません。
※お申込みされた方には、受付完了後、参加の可否・詳細を別途ご連絡いたします。



COMPANY
ご紹介する7企業・団体

海洋研究開発機構(JAMSTEC)

国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、日本唯一、かつ世界における中核的な海洋に関する総合的研究開発機関です。地球環境の保全、防災、資源確保等の人類の生存にとって不可欠な、海洋・地球・生命に関する諸活動を推進するため、様々な分野の研究者だけでなく、海洋調査機器の開発・運用に携わる技術者、これらの研究開発推進をサポートする事務系職員など多様な職種の職員が活躍しています。
水産研究・教育機構

国立研究開発法人水産研究・教育機構は、横浜市の本部を中心に、北は北海道から南は石垣島まで、全国に9つの研究所、開発調査センター、水産大学校と9隻の調査船、2隻の練習船を擁し、約1100人の常勤職員(うち研究開発職員は約520人)が勤務しています。水産資源の評価と管理技術、海洋環境の変動把握、増養殖技術、安全・安心で高機能な水産物の利用、港湾や船舶などの水産工学等、水産のすべての分野に関する研究開発や、水産業を担う人材の育成などを行っています。
IHIグループ

IHIグループは、21世紀の環境、エネルギー、産業・社会基盤における諸問題を、ものづくり技術を中核とするエンジニアリング力によって解決し、地球と人類に豊かさと安全・安心を提供するグローバルな企業グループです。船舶海洋分野では、ジャパンマリンユナイテッド㈱での商船や艦艇建造等の船舶海洋関連事業、新潟原動機㈱での陸舶用機関や推進器などの事業の他、IHI本体で様々な技術開発を行っています。
横浜港埠頭

横浜港埠頭は、前身の京浜外貿埠公団や横浜港埠頭公社の時代より、約50年間にわたり、国際物流拠点「横浜港」の運営管理という公共性の高い事業を担っています。総合港湾である横浜港は、コンテナ貨物をはじめ自動車や鋼材など様々な貨物を取り扱っており、日本の物流の大動脈となっています。一方で、昨今発展著しいアジア諸港に負けない“選ばれる港”であり続けるため、国際競争力強化を図るべく、横浜港の機能強化等に積極的に取り組んでいます。   
東亜建設工業株式会社

東亜建設工業は1908年(明治41年)、浅野総一郎による創業以来、堅実な経営と高い技術力でウォーターフロント事業のパイオニアとして走り続けてきました。港、空港、物流拠点、エネルギー施設、発電所など、人々の生活や産業を支える多くの大規模建設プロジェクトに携わり、国内・海外から高い評価を頂いています。技術の極みを追求しながら環境と調和したインフラ整備を目指し、これからも「人」と「技術」で世界での発展を目指します。
横浜八景島

当社は、総合レジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」をはじめ、「アクアパーク品川」「仙台うみの杜水族館」などのエンターテインメント施設を運営しています。更に2018年には「上越市立水族博物館“うみがたり“」のOPENを控え、2020年には日本の水族館事業者として初めて海外(台湾)に水族館をOPEN予定となっております。これからも当社は日本だけでなく海外のお客さまにも感動と喜びを提供していきます。
三菱重工業株式会社

三菱重工グループは、時代に先駆けた新しい「ものづくり」に挑戦することで、世界の人々の暮らしを支える様々な製品を提供し続け、社会の発展に貢献しています。1891年設立の「横浜船渠」の流れをくむ横浜製作所では、海上自衛隊向け艦船をはじめ、貨物船、客船、フェリー、物理探査船等の修理、改造工事等を中心に事業を展開しており、最先端技術を駆使して安全かつ快適な市民生活を送るために必要なインフラ維持の一翼を担っています。
海洋に関する活動拠点「海洋都市横浜」を目指して…横浜は「海洋」に関する多くの企業・大学・研究機関・官公庁が立地する特徴があります。この特徴を生かして、教育・研究・産業など様々な活動の拠点となり、海の可能性を身近に感じる事ができる「海洋都市横浜」の実現をめざしていきます。平成27年には「産」「官」「学」がこれまで以上に連携して海洋に関する取組を展開できるよう、「海洋都市横浜うみ協議会」を設立しました。今回、ご紹介する企業・団体も参加しているこの協議会を中心に、横濱から海洋に関する活動や情報発信を進めています。
トップへ戻る